価格.comや楽天広告を出してるCRITEOってなんだ?

最近,ネットサーフィンをしていて気づいたのは,楽天と価格.comの広告が以上に多いことでした.
恐らく,AdSenseの広告枠を買ったCriteoという広告代理店が出している模様…

Criteo-logo-150x68

しかし,数回なら良いのですが,何十回も連続で同じ広告を見ると見飽きるので,Criteoについて調べてみました.
しかも,最近NASDAQに上場したみたいですし!!

スポンサーリンク

自サイトでの表示率を検証

私のサイトのAdSense広告から,Criteo広告の表示率を検証してみます.

まず,2013年春のデータのうち,148610回分の表示を抽出します.

すると,88.6%は,Google系の広告でした.
一方で,1.7%弱が,Criteo(JP)でした.また,Criteo(Europe)とCriteo(US)も,4回と5回表示されていました

また,表示からのアクセス単価は,比較的高いので,採算が取れるのかは疑問です.
(こちらは,Googleとの規約上,開示することができません.すみません.)

対応5言語

まずは,対応言語を確認してみます.5言語でした.

  • 英語
  • フランス語 ←設立国
  • 日本語
  • 韓国語
  • オランダ語

Criteoオフィスは30ヶ国

Criteo-Office-global-300x186
オーストリア,ブラジル,フランス,ドイツ,イタリア,日本,韓国,オランダ,スペイン,スウェーデン,イギリス,アメリカ.
アメリカでは,ボストン,シカゴ,NY,パロアルト(カリフォルニア州)の4事業所あるようです.

Criteoの日本事業所

日本では,目黒駅の目の前にあるようです.
Criteo Office View in Japan
東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル14F

Criteoって何してるの?

Criteo公式サイトによると,

  • クリック課金型の広告
  • 行動ターゲティング広告
  • 年間1,000億のバナー広告を配信

主に,行動ターゲティング - 閲覧履歴から広告を表示する を利用しているようです.つまり,イヤホンを検索したら,イヤホン関係の広告を表示する…と.

なんか,監視されているみたいだ…

それにしても,価格.comと楽天以外の広告も出ないんですか…?飽きます…

ちなみに,Criteoは一般のサイトから,直に広告枠を買い付けることはしていないようです.

Criteoの歴史(概略)

2005年:3人のエンジニアが,パリで設立.(Jean-Baptiste Rudelle、Franck le Ouay、Romain Niccoli)

2007年:シリーズB出資を受ける

シリーズB:軌道に乗りつつあるベンチャー企業に行われる出資のこと

2009年:アメリカ進出

2011年:MSN(マイクロソフト)から推奨パートナーに

2012年:従業員700人,世界30カ国の企業へ

2013年:ついにNASDAQに上場

今まで,Web製作者の方と話しても,CriteoというASPを聞いたことがなかったので,疑問でした.
どうやら,広告主から広告を受注して,AdSenseなどの広告枠を購入して配信する代理店のようです.

Criteoについてもっと知る!

Criteoは,米NASDAQに上場したので,IR情報なんかを見るといい感じです.
また,英語版Wikipediaも情報が充実していますし,公式Twitterアカウントもあります.

ちなみに,証券コードは,”CRTO”です.

で、Criteoをウザいから消したい

Criteoから

オプトアウト設定ページへアクセスし、広告配信停止(オプトアウト)をONにします。
Criteo-Optout-300x144
有効期間は、1年です。

ブラウザから

ちなみに、1年後も表示させなくすることも、Google Chromeなら可能です。

  1. Chromeの”設定”
  2. プライバシーの項目の”コンテンツの設定”
  3. コンテンツの設定のCookieで、”例外の管理”
  4. ”Cookieとサイトデータの例外”フォームにある、”ホスト名のパターン”へ criteo.com と入力
  5. ”動作をブロック”としてOKをクリック

少々面倒くさいですが、これで配信されなくなります。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*