IPXX codings as waterproof spec by iec and jis

防水・防滴の基準が1分で分かるまとめ.

スポンサーリンク

よく見かける,”防水IPX5”のような表記.
これだけ見ても,イマイチよく分かりませんよね.

実は,防滴・防水は,国際基準と日本の基準で決まっています.

1分で分かるまとめ

”IP”のようなコードで大事なのは,第1記号(防塵性能),第2記号(防水性能)です.
(”IP57”なら,第1記号が”5”,第2記号が”7”.)

この第2記号の数字だけで,防水性能が分かります.
4以下が生活防水で,5以上が完全防水と呼ばれることが多いです.

スポンサーリンク

非防水 X,0,1,2,3,4,5,6,7,8
生活防水 X,0,1,2,3,4,5,6,7,8
防滴 X,0,1,2,3,4,5,6,7,8
完全防水 X,0,1,2,3,4,5,6,7,8
水中使用 X,0,1,2,3,4,5,6,7,8

 

保護等級の詳しい解説

日本と国際基準の違い

どちらも,ほぼ同一の基準になっています.

  • IEC(国際電気標準会議)は,IP規格(International Protection)
  • 日本は,JIS規格(日本工業規格)

IEC60529は,JIS C 0920のベースになっています.
そのため,”JIS・IEC混成表記”と呼ばれる,”JIS IPX6”のような,まとめた記載方法も多め.

第一記号(防塵性能)の表記

IP保護等級の第1特性数字は,”人体および固形物に対する保護等級”とされています.

等級 保護対象 主な対象
0 無保護
1 50mm
より大きい固形物
手(こぶし・拳)が危険部に触れない
2 12.55mm〃 指が危険部に触れない
3 2.5mm〃 工具・ワイヤ等が内部に侵入しない
4 1.0mm〃
5 防塵形 少量の粉塵が内部に侵入しても,正常に動作
6 耐塵形 粉塵が内部に侵入しない

テストでは,1・2では鋼球,3で鋼棒(φ2.5mm),4以降で針金(φ1.0mm)を使っています.
粉塵は,タルク粉を使っています.

また,等級5は,2つのカテゴリーに分かれています.

  • カテゴリー1 : 内部が負圧の状態で粉塵の侵入を防止.
  • カテゴリー2 : 内部が負圧にならない状態で粉塵の侵入を防止.

家庭向けの機器の場合は,5以上でないとアピールに使うことは稀です.

第二記号(防水性能)の表記

IP保護等級の第2特性数字は,” 水の浸入に対する保護等級”とされています.

等級 種類 有害な影響を受けない範囲
0 無保護
1 滴下する水に対する保護 鉛直に落下する水滴 生活防水
2 15°傾斜したとき落下する水に対する保護 正常な取り付け位置より15°以内の範囲で傾斜したとき,鉛直に落下する水滴
3 噴霧水に対する保護 鉛直から60°以内の噴霧状に落下する水
4 飛沫に対する保護 いかなる方向からの水の飛沫
5 噴流水に対する保護 いかなる方向からの水の直接噴流 完全防水
6 波浪に対する保護 波浪または,いかなる方向からの水の強い直接噴流
7 水流の浸漬(しんせき)に対する保護 規定の圧力,時間で水に浸漬(一時的な水没)
8 水没に対する保護 製造者によって規定される条件にしたがって,連続的に水中に置かれる場合に適する.原則として完全密閉構造である.

一般的な”IPX7”の場合は,深さ0.15~1mの一時的潜水状態で,30分間沈めています.
また,”IPX8”の場合は,より厳しく設定すれば,条件はメーカーが決めることができます.

実用上は,IPX7規格なら,沈めっぱなしで使用しても問題ないことが多いですが,おすすめ・保証はできません.

その他の記号について

テストをしていない場合に用いる”X”と,オプションの”付加特性文字”があります.

付加特性文字は,”IP24D“のように,末尾に加えて使います.
全部で4種類あり,”危険な部位の接近に対して”人体に対する保護の内容を示します.

A 拳が危険な部分へ接近しないよう保護されている.
B 指での危険な部分への接近に対して保護されている.
C 工具での危険な部分への接近に対して保護されている。
D 針金での危険な部分への接近に対して保護されている。

第一特性数字との違いですが,より高精度に測定したことを示しています.

また,非常に例外的ですが,更に”H,M,S,W”をSupplementary letterとして加える場合があります.

参考サイト等

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください