The Economistを一番お得に購読する方法

スポンサーリンク

経済誌の権威といえる”The Economist
そんなThe Economistを,日本で購読を始めてみました.

実は,1,500円ほどの購読費用が一般的.
ところが,ネットで定期購読すると,驚くほど安く購読が可能です.

Newest "The Economist"
今週(最新刊)の表紙
スポンサーリンク

The Economistとは…

the economist magazine delivered cover

イギリス・ロンドンを拠点に,1843年創刊の週刊英字新聞.
雑誌の体裁を採り,政治経済誌としての知名度・分析力で名高い.
週に150万部を売上げており,その半数は合衆国という点も特徴.

世界各国のビジネスマン,経営者が長きに渡って購読している.

 

海外に関心のある人におすすめ

the economist for frequent flyers

ビジネスマンや,学生など,欧米目線からの海外を知りたい人に最適.
記事を読むには,国際情勢について前提知識を要するほどのレベル.
使われている英語も,質が高く,見識を広めるのに役立ちます.

読み慣れるまで,海外の政経関連の記事を読むのは辛いかも…
(実際に読んだ上で,他の方のレビューも参考にどうぞ)

 

アプリを活用しよう!

Android app of the economist

リスニング(読み上げ)が最高!

ほぼ全記事を,プロが読み上げた音声を聞くことができます.
やや遅めのネイティブスピードで,比較的聞き取りやすいです.
全部で70~80記事のほぼ全てを聴け,読む時間を短縮できます.

無料で3記事まで読める

何とアプリでは,無料で3記事も,読み&聴きが可能.
バックナンバーも読めるので,入れておいて損はないはず.
何と言っても,The Economistを取ろうか迷った人に,おすすめ!

Get it on Google Play

 

 公式WEBを活用しよう

The Economistの公式WEB

The Economistの公式サイトも活用には外せません.

  • 無料でも,1週間に5記事読める
  • 1997年からの記事の全文を読める
  • ジャンル別のBlogを読むことができる

裏技ですが,この1週間に5記事という管理は,Cookieによるもの.
ブラウザを変えたり,Cookieを削除すれば,この制限を解除できます.
もちろん,定期購読すれば,無料でいくらでも読めますよ!

ちなみに,日本についての記事は,Topics Index › Japan より.

 

日本での取り扱い元

ただ,毎日新聞の週刊誌”エコノミスト”とは関係がないので,注意を!

Fujisan.co.jpなら,最大65%OFF

Fujisanから送られてきたThe Economistの表紙

 

一番おすすめな購読元は,Fujisan.co.jp
シンガポールからの直送なため,やや時間がかかります.
とはいえ,2~3日程度で届いている上に,かなりお得に購読できます.

発売は土曜日ですが,都内なら月・火曜に配達ということが多いです.
(筆者の場合であり,一切の保証はできません)

また,初回割500円のほか,多くのキャンペーンも見逃せません.
例えば,2015年初頭は,カード決済の定期購読で5000円OFFでした.
何と,3ヶ月(12冊)の定期購読なら,3,600円で取れる計算.

3年の定期購読なら,半額で,学割なら65%OFFになります.(最大で)
Online版付きだと,少し値段があがりますが,何れにしてもお得です.

 

The Economistを楽しむ

JB-Pressでは,週に3本程度,翻訳記事を掲載しています.
論調を知りたい場合や,日本語で読みたい人には,参考になりそう.

また,”Economist Pocket World in Figures”のような書籍も出ています.

 

Newest the Economist

 

※当記事は,The Economist Newspaper Limited (UK)及び,その他の関連企業とは関係しない者により書かれております.当記事もしくはThe Economistにより受けたいかなる損害等について保証することはできません.記事についての加筆訂正等の依頼は,コメント欄よりお願い致します.

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*